18秋の長雨で 肌寒い季節になってきました
そろそろ 冬の寒さに備える頃
衣替え 暖房器具 暖かグッズ
今年はこたつも買おうかな?!

イラストは 冬の室内の熱が
どこからどれぐらい 出ていくか?
その割合を示したものです
熱は窓から逃げていく
と言っても過言ではないことがわかります

高性能の換気扇 壁からの熱の逃げも
気になるところ


そして 体感的には 足の裏や体の一部が直接触れることの多い 床
いずれにせよ冬の「窓」対策は 暖房費節約の要!と言えるでしょう

この「窓」対策 実は「結露」対策がセットになります
結露は 室内の暖かい空気が
外気に直接触れ 冷たくなった 窓ガラスやアルミ枠に触れたときに 発生します

●窓が外側の冷気に冷やされないようにする ⇒ 高断熱サッシ
●窓に内側の暖気が直接あたらないようにする⇒ 内窓(うちまど)
●カーテンを付ける場合は 室内の湿気(空気)が窓に当たらないよう 工夫する

昼間は 日射により窓が暖められます
ガラス表面が30℃近くまで 上がることもあります
しかし 陽が当たらなくなると
驚くほど急激に 窓は冷やされていきます
我が家では 夕方以降は木製の雨戸を閉めています


※ 暖め系の暮らしを工夫しよう
※ 室内の熱は窓から逃げていく


☆彡勉強会・講習会の講師
 ☆エネルギーを浪費しない建物の基礎(省エネ建築診断士)
 ☆地球規模で考える省エネ生活の基礎
(うちエコ相談員)
☆彡暮らしの提案・設計アドバイス (建築士・インテリアコーディネーター)
 ☆省エネ改善の提案・プランニング
 ☆改装のアドバイス・プランニング
 お問い合わせ
 ecokurashi@gmail.com

にほんブログ村 暮らし上手
にほんブログ村 女性建築士