tatamikimitsu-05
畳の下を覗いてみたことがありますか?
断熱がなくて当たり前の時代にたてられた 住宅の畳の下は
板が一枚敷かれているだけ 外部空間になっています
先日 思い切って畳を上げてみたら 下から風が吹きあがってきました
板と板の間も隙間だらけで 風の勢いにビックリ!!
tatamikimitsu-03
床下の気密対策に 今回は気密シートを張ることにしました
畳を上げて 下地板の上にシートを敷きます
シートは夏の畳の湿気対策として 透湿性のあるものを選びます
断熱のプロから 畳には「透湿性」とのアドバイス
今回はデュポンのタイベック・ハウスラップ(透湿防水シート)を使います 
透湿気密シート
tatamikimitsu-02
畳はこのような感じで 「へり」に引っ掛けながら引き上げます
畳はこの機会に天日干しです カビや汚れをふき取ります
tatamikimitsu-04
板と敷居の隙間が大きい! これは気密テープでふさぎます
tatamikimitsu-06
tatamikimitsu-09
シートを仮敷き 端部を折り上げて 両面気密テープで貼り付けます
tatamikimitsu-08
きれいに納まりました〜 子どもも負けじと頑張って手伝ってくれました
tatamikimitsu-10
シートの重ね幅は10センチほど 気密テープできっちり張り合わせます
作業中も床下から吹き上げる風で シートがふわふわ浮いてきます
恐るべし隙間風!!!
tatamikimitsu-11
シート固定のできあがり 畳を戻します
できればシートと畳の間に断熱スリムボードを入れたかったのですが
予算不足で今年はここまで。。。。
tatamikimitsu-01

☆彡勉強会・講習会の講師
 ☆エネルギーを浪費しない建物の基礎(省エネ建築診断士)
 ☆地球規模で考える省エネ生活の基礎
(うちエコ相談員)
☆彡暮らしの提案・設計アドバイス (建築士・インテリアコーディネーター)
 ☆省エネ改善の提案・プランニング
 ☆改装のアドバイス・プランニング
 お問い合わせ
 ecokurashi@gmail.com